www.w4ddecodesign.com

.

.


「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は外貨を売買して利益を生み出す商取引です。売り買いの値段は、四六時中動いています。これがレートです。インターネットを見ているとドル円やユーロ円のレートのニュースが流れる場合があります。よく見るのが「ドルは80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという事を意味するのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを意味しています。つまり、売り買いには買いと売りの2個の価格が存在する事を示しています。売値のことをBID、買値のことをASKと表示している業者も存在しています。いつもは売値の方が低い値段になっています。投資家が買値は高く、売値は安くなるのが普通です。この差分をスプレッドといいFX業者の収益の一部になっています。スプレッドの差は取引会社によって違います。スプレッドの広さは投資家にとって支出となるので、小さいFX取引会社をセレクトしたほうが優位です。ただし、同じFX業者でも状況によってスプレッドの幅は広くなったり狭くなったりします。もし日常的には円とドルのペアで1銭のスプレッド幅であっても、市場の上げ下げがかなり激しいときには広くなったりするのです。という事で、スプレッド幅が狭いのと同じく、変わらない事が必要です。この頃では変化しないスプレッドの広さを表示する取引会社もあったりします。現実に業者の取引画面上で本当の為替レートを確認しなければ評価できないのですが必要不可欠な事です。多額の財産を預けてエントリーをするのですから、本物のトレードの前に、興味がある取引会社の口座開設を遠慮せずにして、表示されているスプレッドの幅をチェックしましょう。同じ通貨ペアでも、その時点の為替の状態によって、外貨のスプレッドの幅は変わることがあります。普通は、インターバンクで流動性の高い通貨ペアではスプレッドの広さが小さく、他の通貨ではスプレッド幅が広がるのが普通です。