www.w4ddecodesign.com

.

.


現実にノートパソコンの前に座って、リアルタイムで上がったり下がったりしている為替レートを眺めていると理由無く売買をしなければならない衝動に駆られる場面も少なくないだろう。でも、なんとなく感覚で売買するのだけは、断じてしてはいけません。事実、市場は1日中休みなくどこかの為替相場が変化しているし、相場もいつでも動いています。しかし、エントリーをしていると、その分損失を被るリスクが高くなります。確かに売買の回数を積む事で、だんだんと勝利する確率か50%、50%になるのは事実です。でもその事実は「漠然としたインスピレーションで売買」することとは別の問題です。エントリー回数を重ねるということは自ら「ここだ!」と思いついた確信を得られたケースでの取引回数を重ねるという意味です。特段の理由も無く、のべつ幕なし注文を積むのとは明確に違います。マーケットの戦いに敗北しないためには、あなたが意識して緩急をつけることが必要です。「ここは!」と感じた外国為替相場の時には迷わず所持ポジションを積み増して利益を求めます。「かなり頭をかかえる外国為替相場で、どう上下するのか読めないな」と感じたならばいっそのこと所持ポジションをひとつ残さず閉じて何もしません。それくらいのテンポでやった方が最終的に売買はうまくいくものだ。マーケットの格言には「休むも相場」というものがある。文字通りその通りです。為替取引とはいついかなる時でも売買ポジションを所持する事が大切ではなくどのポジションも保持せずじっと待っている事も場面によっては必要です。それならば、どういった時に休めばよいのだろうか。最初に言われるのが前に述べたように、これからの外国為替相場がはっきりとよく見えない時。これからドル高になるのか、ドル安になるのかが判断できない時は間違って判断すると、自身の書いた筋書きとは逆に相場が向ってしまい損失を被ることになる。このような場合はポジションを無くして静観しているのが唯一出来る事です。もうひとつの場面は、コンディションがすぐれない時。体の具合と外国為替市場に関係ないと思う方もいると思いますが現実には思ったより関係があります。体の具合が変な時は、相場のミスできないところで、必要不可欠な判断が出来ない場合があります。気分が進まない時は外国為替相場から離れてみるのも肝心な事です。